夜の催眠セラピー


ピストン運動のやり方(挿入直後と高速の腰の振り方とコツ)

ピストン運動のやり方

まずはAVで見たことを綺麗さっぱり忘れましょう。

 もちろん、激しいピストン運動が好きな女性もいますが、

ごくごく少数の女性で、基本はそこにはありません。

ピストン運動で守るべき基本の心得です。

①挿入作業は30秒から1分かけてゆっくりとやる。
②ピストン運動は最初はゆっくりで徐々にペースを上げる。
③リズムを重視する。2人で協力すると上手くいく。
④単調な刺激ばかりだと膣が麻痺する。動き方を変える。


参考サイト:北条麻妃の絶頂ピストン運動

①挿入作業は30秒から1分かけてゆっくりとやる。

 挿入して「入った」と言う状態になるのに30秒から1分かけます。

 「時間掛けすぎでは?」と思うでしょう。男性の僕としても未だに違和感を感じています。

 ですが、女性の書いたセックスハウツーほど「ゆっくり挿入して欲しい」と書かれているもの。

 理由は単純で、いきなり挿入されると痛いからです。

 自分でも驚くぐらいゆっくり挿入しましょう。

 ②ピストン運動は最初はゆっくりで徐々にペースを上げていく。

 ピストン運動は最初はゆっくりと行います。

 具体的には、挿入し始めは往復するのに5~10秒ほど掛けてかまいません。

 ポイントとして、ペニスを「押す」よりも「引く」行為に集中しましょう。

 これは女性側が「引く」時に快感を得やすいからです。

 ペニスの先端はキノコのようになっていますね。

 挿入する時は入りやすく、引く時には弁のように膣壁に引っかかります。 

 このようにして最初はゆっくりと引く作業に集中しましょう。

 二人の熱が上がったり、女性の吐息が荒くなってきたら徐々にペースを上げていきます。

 「30%」⇒「50%」⇒「70%」というようにです。

 ピーク時の目安として、女性の吐く息のテンポよりも速くすることが大切。

 ③リズムを重視する、もとても大切です。

 男性でも女性にハンドジョブしてもらう時に、

 不規則な快感よりもリズミカルな刺激の方が気持ち良いし、予期できる刺激の方が快感を楽しみやすい。

 女の子も同じです。身体にリズムを馴染ませましょう。

 ④単調な刺激ばかりだと膣が麻痺する。も理解してもらえるでしょう。

 ハンドジョブばかりでも物足りない、途中でフェラチオしてもらったり、パイ○リして欲しい。

 もっといろいろな刺激が欲しいと思っているのは、女性も同様です。

 ピストン運動には4つの動きがあるので、以下を使い分けて下さい。

前後運動-まさにピストン運動。皆さんご存知横の線の動きです。

斜行運動-ペニスを斜めに挿入します。「-」ではなく「\」に挿入していく。 
       意識して「上に引っ掛ける」というような横の線でピストン運動。       
       違った刺激が楽しめたり、Gスポットに当たったりします。

回転運動-かなり重要。「の」や「○」を描くようにして膣内でペニスをグルグルします。       
       膣がかきまわされるようになる。

       充分に濡れていないと痛いので中盤・後半で使用する技。

圧迫運動-膣の奥まで挿入した後に、さらに強く挿入する。
       男性の根本と女性のクリトリスが密着。

       その結果、クリトリスが刺激を受けるので女性は気持ちい。
       男性の運動量は低くなるので「ピンチ」時に休みながら刺激できるので重宝。

 いろいろ見てきましたが、最重要なのは「ゆっくりからだんだんスピードアップ」という鉄則。

 女性が「痛い」「気持ちよくない」という理由もありますが、

 男性としてもいきなりフルスピードを発揮しては後半で耐久力を失ってしまいます。

 女性がピークに来ているのに、男性がヘバっていては女性も冷めてしまいます。

 こういった理由からも「ゆっくりからスピードアップ」を大原則としましょう。

 また、ご自分で早漏と思われる方は”動くのが早いだけ”の線を疑って見てはどうでしょう。

 あとは実践あるのみ。

 女性の表情や反応をみて色々試して見るべきです。

 リズムもスピード、体位も女性によって微妙な好みがあるはずです。

 繰り返しているうちに見えてくるものや血肉となる経験も多いものです。

 


⇒AV女優が教えるピストン運動のやり方はこちら